原状回復義務とは

賃貸物件内でおこった孤独死・自殺に対するご遺族の原状回復義務

1人暮らしをしていた方がお亡くなりなった場合、ご遺族の方は賃貸契約を解除し、部屋を原状回復してから家主に明け渡す必要があります。

亡くなった直後、すぐに誰かが発見することでができればそこまで大きな問題にならないのですが、亡くなった事に何日間も気づかなかった場合、ご遺体が腐敗し腐敗臭や体液が流れ出し部屋が損害してしまいます。
こういった場合、特殊清掃で汚れや臭いを完全に取り除き、原状回復した状態で家主に明け渡さなければいけません。

原状回復ってどこまですればいいの?

原状回復の範囲は築年数や状況によっても変わってきますが、孤独死や自殺といった特殊清掃が必要となる現場の場合は臭いと汚れを完全に取り除き、「違和感なく元通り生活ができる部屋」にする事が重要になります。
この完全に取り除くという作業が大変難しく、人体から発生する汚れや臭いの除去は一般の方では太刀打ちする事ができず、専門業者によっても中途半端な清掃で原状回復できずに作業が終わってしまうという事も多々あります。
少しでも臭いや違和感があると、家主より損害賠償を請求されるなど原状回復義務によるトラブルは後を絶ちません。

突然家族を失った悲しむ間もなく原状回復という大きな責任がのしかかり、精神的にも肉体的にも大きな負担がかかります。
当社ではご遺族の方の気持ちをできるだけ汲み取り、少しでも安心してもらえるようフォローさせていただきます。
ご要望があれば特殊清掃の作業前にご遺族と大家さんや管理会社の間に入り、作業内容を細かく説明し、トラブルを未然に防ぐよう心がけています。

トラブルにならない一番の近道はしっかりとした清掃業者の選定です。

孤独死といった特殊清掃を必要とする現場には高度な知識と技術をもった特殊清掃専門業者に依頼することが確実でありトラブルを避ける一番の方法と断言できます。
一般の方や通常の清掃会社に依頼をしても適切な清掃方法を知らない為、原状回復させることは極めて困難です。
しかしここで注意してほしいのが特殊清掃業者の選び方です。
特殊清掃を扱っている会社と言っても知識や経験、技術は会社によって様々です。
特殊清掃ができるというだけで安易に業者を選んでしまうと「料金が高額」「異臭が残っている」「ご近所や家主からクレームがきた」といったトラブルに発展する可能性があります。
信頼できる特殊清掃業者に巡り合う事ができるか?という事がトラブルを防ぐ重要なポイントとなります。

ハウスドクターの特殊清掃

当社にこのようなお問い合わせが本当によくあります。
「他の業者で特殊清掃を行ったけど臭いが全然取れないからもう一度掃除をしてほしい」
これでは清掃料金が2重にかかりご遺族の方にとっては大きな負担となるでしょう。

本当に原状回復ができる特殊清掃業者は当社は意外と少ないと考えております。
ハウスドクターでは現場経験が豊富なスタッフが作業に当たり、作業工程や方法をしっかりご遺族の方にご説明させていただいたのち、作業を行わせていただきます。

また、オゾン脱臭剤や特殊薬剤など最新の機材とそれを使いこなす知識と技術を持ったスタッフが作業を行い、原状回復できるまで作業に当たり途中で投げ出すようなことはございません。
ご遺族の方に「頼んでよかった」と思えるような質の高い特殊清掃を行います。

遺品整理マメ知識

  1. ぬいぐるみのお焚き上げ供養・処分方法 遺品処分で困るも…
  2. 買取できる遺品の種類 家族がなくなって必ずやらなくてい…
  3. 孤独死発見から遺品整理までの流れ 近年ニュースで孤独死…
  4. 教えて!雛人形の供養・処分方法 家族が亡くなってしまう…
  5. 孤独死から葬式までの流れを解説 近年、孤独死が非常に問…
  6. 遺品整理で出た不用品。どんなものが買取してもらえるの? …

Category