遺品供養と合同供養について

故人様の遺した大切なご遺品は責任をもって供養します。


遺品整理の際、必要な物、処分する物を仕分けしていく中で多くの方がその際に出てくるご遺品の大半は処分しなければいけません。
しかし故人様の遺したゆかりの品々、特に日記や写真、愛用品といった思い入れのある品々をただただ処分していくのは忍びないものです。ハウスドクターでは故人様が遺したご遺品を供養させていただくことにより、その品々に遺る魂を鎮め、思い出を偲び、最後のお別れをすることができます。

しっかり供養させていただくその日まで大切に扱います。

生前故人様が大切に使ってきた品々は供養させていただくその日まで私達が引き取り大切にお預かりします。一つ一つ丁寧に梱包し、供養実施日までしっかりと保管いたします。

大小関わらず1点から執り行います。

ハウスドクターが提携している寺院の僧侶がご遺品を読経によりスタッフ立会いの下、供養いたします。

どのようなご遺品も供養いたします。遺品を読経にてご供養致します

日記・仏壇・神棚・思い出のアルバムなどあらゆる物をしっかりと供養します。

供養する必要がある物って?

お客様より「何を供養したらいいの?」という声をいただくことがありますが、基本的には故人様が遺した思い入れのある品々、ご遺族の方がきちんとお別れをしたい品々は気持ちをリセットする意味でも供養された方がいいとご提案させていただきます。
一般的には写真、手紙、日記など故人様が身近に使用していた愛用品、人形やおもちゃなど気持ちが入りやすい物などがあります。
また仏壇や遺影、神棚など先祖を祭っている物なども供養された方が安心です。
最近では、身近な家電製品や寝具などのご要望も多くあり、ハウスドクターであらゆる品々に対応する事ができます。

ハウスドクターの遺品供養の特徴

POINT1.合同供養、お焚き上げ基本サービスに含まれています。


ハウスドクターでは捨てるには忍びないというお客様のご要望にお応えして、合同供養は基本料金に全て含んでおり、供養に関する費用は完全無料で執り行わせていただいております。
遺品整理時にお申し付けいただければ仕分け作業の際に「供養するご遺品」として別個にして保管いたします。
そのまま処分する事には抵抗のあるご遺族様から大変喜ばれております。

POINT2.お客様のご希望に沿った形で供養させていただきます。

・読経による供養

提携寺院の僧侶を当社供養施設に派遣し読経によってご遺品をしっかり供養します。
お花やお線香など必要な仏具はこちらで全て用意しますのでご遺族様のお手を煩わせることは一切ございません。

 

 

 

・お焚き上げによる供養

故人様の愛着のあるご遺品には魂が宿るとされ、感謝の気持ちを表すお礼と共に浄火させるためにお焚き上げを行います。
遺品整理作業時またはご希望の日時にご遺品を受け取りにお伺いし供養するその日まで大切に保管いたします。。
その後、提携寺院にて一時預かり後、ご住職によるお焚き上げ供養を行います。

 

 

・訪問での供養※お布施として別途料金は必要。

遺品の数が多い、家を丸ごと供養してほしい、個別できちんと供養してほしいといった方には僧侶へ訪問手配を行い当社スタッフが同行し、個別で丁寧に供養させていただきます。
事前に打ち合わせをしておけば遺品整理作業終了後またはご指定の日時、時間をお決めいただければ僧侶がご指定の場所にまでお伺いいたします。
※こちらに関しては、僧侶にお布施台として別途加算させていただきます。
僧侶へのお布施費用目安20,000円~。

POINT3.お品の大きさ・数量に関わらずどんなご遺品も供養します。

ハウスドクターでは1点のお品から責任をもって供養させていただきます。
下記の表は供養できるご遺品の一例です。この他にも様々なお品を供養する事ができますので詳しくはお気軽にご相談ください。

供養できるご遺品(一例)※下記にないお品はご相談ください。
写真 ぬいぐるみ 人形 おもちゃ 日記 衣類
装飾品 宝飾品 家電製品 家具 寝具 コレクション
食器類 車両関係 故人様の愛用品 趣味の品 家財道具 日用品
仏壇 仏具 遺影 位牌 神棚

遺品供養(合同供養)の流れ

①ご依頼・ご相談
ご遺品の供養をご希望の方は受付時、または遺品整理のお見積り時にスタッフまでお気軽にお声がけください。
遺品整理作業時に供養するお品を個別に仕分け当社でお預かりいたします。

 

 


②当社にて保管
お預かりしたご遺品は合同供養が行われる日まで当社の倉庫にて大切に保管いたします。
仏壇や遺影などもお預かりする事ができ、大きい物や重たいお品でもご遠慮なくお申し付けください

 
 
 
 


③合同供養の実施
当社が提携する寺院の僧侶をお招きし、読経によって供養します。
当社スタッフも同行し真心こめて丁寧に執り行いますのでご安心下さい。 またご希望の方には供養証明書を発行することもできますのでお申し付けください。

 

よくあるご質問~遺品供養について~

Q1.量の多さや重さによって金額はかわるの

A ハウスドクターでは遺品整理の基本料金内に合同供養の料金も含まれておりますので供養に関する費用を追加で頂くことはございません。故人様の大切なお品をそのまま処分することに抵抗のあるご遺族様に大変喜ばれているサービスですので是非、ご活用下さい。

Q2.合同供養に立ち会う事はできますか?

A 合同供養は供養するある一定のお品がたまるまで執り行う事ができない為、日程が不定期になることもあり、基本的にはご遺族の方をお呼びしておりません。
当社スタッフが立ち合いの元で責任をもって供養しますのでご安心ください。
また立ち合いをご希望される方は現場供養をお申し込みください。提携寺院の僧侶がご指定の場所までご訪問させていただき、その場で読経にて供養を執り行います。

Q3.位牌や仏壇なども供養してもらえるの?

A はい、仏壇・仏具・神棚といった物もお任せください。昨今はマンション世帯が増え、仏壇など置くスペースがなく、お困りの方が増えてきております。ハウスドクターでは提携寺院でしっかり供養した後、適切な方法で処分いたしますのでご安心してください。




遺品整理マメ知識

  1. 遺品整理で出た不用品。どんなものが買取してもらえるの? …
  2. 買取できる遺品の種類 家族がなくなって必ずやらなくてい…
  3. 孤独死から葬式までの流れを解説 近年、孤独死が非常に問…
  4. 教えて!雛人形の供養・処分方法 家族が亡くなってしまう…
  5. ぬいぐるみのお焚き上げ供養・処分方法 遺品処分で困るも…
  6. 孤独死発見から遺品整理までの流れ 近年ニュースで孤独死…

Category