突然の妻の死

127
私が仕事中、義母から突然の電話が。
「○○(妻)が事故に・・・」
慌てて向かった病院でしたが既に帰らぬ人に。
お腹に子供を宿した彼女はタクシーで病院に向かう途中、居眠り運転をしていたトラックが車線をはみ出し正面衝突。
即死でした・・・

何かの冗談かと思うも冷たくなった彼女の手は微動だにせず現実を受け止める事ができませんでした。
呆然となったまま帰宅をしている所、トラックを運転していた父親とその婚約者が訪問してきました。
父親は土下座をし涙ながらに
「自分が死んでお詫びをするから息子の事を許してやってほしい」と。

警察に聞くと、母親の治療費を稼ぐために過酷な労働条件の中働き続けていたということが居眠り運転の原因だったとか。
婚約者の女性も綺麗な顔立ちの女性からは想像できないほど手が荒れておりました。
また彼女も結婚を延期し治療費のために掛け持ちしながら働いているとの事でした。
それを聞き、この父親と婚約者に怒りをぶつける気持ちにはなれませんでした。

数日後、妻の葬儀にトラック運転手が警察官に伴われ参列に来ていました。
私は怒りに身を任せ、殴りつけてやろうかと思っていましたが、
また彼も土下座しながら声を震わせひたすら誠実に謝り続けている姿を見ると、
「彼もまたこれから一生後悔や苦しみを背負って人間なんだろう」
との思いがよぎりました。

「つまらない人間に妻を殺されたとは思いたくない。罪をしっかり償ってそれからはしっかり生きてほしい」
私もまた震える声で彼にそう伝えました。

本音はおそらく違ったと思います。この言葉が正しかったのかもわかりません。
ただ彼を憎むという事はできませんでした。

葬儀終了後、3歳の息子に妻の事を話していると涙が止まりませんでした。

交通刑務所にいるトラック運転手から手紙が毎月届きます。
謝罪を綴った言葉ばかりの内容ですが文面から彼も苦しんでいる事がわかります。
また彼の婚約者から毎月手紙と共にお金が送付されていきます。
当初は受け取りを拒否しようと思いましたが、新しく作った口座に預金しておくことにしました。

彼が出所した時に渡せるように。
そして婚約者と結婚してもらい新婚生活の足しにしてもらえればと・・・
彼は彼なりに幸せになってほしいと心から願っています。

そして私は息子が誇れるような父親になれるように、そして妻に安心して天国から見守っていられるよう生きていきます。

関連記事

twitter

return top