相続財産分与

相続財産分与とは、被相続人に相続人が複数存在する場合に遺産分割をして相続財産を分与することです。

●相続人同士で争わないための相続財産の分与

・遺言がない場合の相続財産の分与

身近な人が亡くなったときには、被相続人の持っていた財産の相続の手続きを行う必要があります。

相続では遺言が優先になるため、被相続人による遺言がある場合は遺言に従って相続手続きを行います。

遺言が残されていない場合は、相続人が一人しかいなければ特に問題が起こることはありません。

しかし、遺言が残されておらず相続人が複数いる場合には、相続財産を誰がどれだけ取得するのかという問題が発生します。

・相続財産は遺産分割で分ける必要がある

民法では法定相続分(各相続人が相続する財産の割合)が定められており、相続財産は各相続人が法定相続分に従って取得するのが原則になります。

しかし、相続財産が自動的に分割されて相続人に帰属するわけではありません。

相続財産は相続開始と同時に相続人全員で共有することになり、相続財産を分けるためには遺産分割が必要です。

・遺産分割協議で相続財産の分け方について話し合う

遺産分割は、相続人全員の同意を得て行う必要があり、相続人の一部だけで勝手に決めることはできません。

遺産分割を行うためには、相続人全員による遺産分割協議(相続財産分与のための話し合い)が必要です。

遺産分割協議が成立すると、相続人全員が実印で押印した遺産分割協議書を作成します。

相続登記などの相続手続きは、遺産分割協議書に基づき行われます。

・分与しにくい相続財産は争いになりやすい

遺産分割では、法定相続分という基準があってもスムーズに話し合いが進まないことがあります。

その理由は、相続財産の性質上、分けるのが難しいものがあるという点です。

相続財産の代表的なものは不動産で、土地や建物は物理的に分けるのが難しいためです。
不動産のように分けにくい相続財産は、分与の仕方を工夫する必要があります。

●主な相続財産の分与方法

・現物分割

現物分割とは相続財産を現物のまま分割する方法で、最もわかりやすい方法です。

現物分割で特に問題がない場合は、相続財産は現物分割するのがよいでしょう。

各相続人が法定相続分どおりの相続財産を取得できるよう、現物分割を行います。

特定の財産の取得を希望する相続人同士で争いになることもありますので注意が必要です。

・代償分割

代償分割とは、相続財産の現物を取得した相続人が他の相続人に代償金を支払い、各相続人が取得した財産の額が法定相続分どおりになるよう調整する方法です。

相続財産として自宅不動産のみで、被相続人と同居していた相続人が自宅に住み続けたい場合などにはメリットがあります。

代償分割では、代償金の支払いが必要です。
代償金を一括払いできない場合、他の相続人が同意すれば分割払いも可能です。
しかし、支払いを確保できる保証がなければ、他の相続人が分割払いに同意するケースは少なくなってしまいます。

代償分割では、相続財産をどう評価するかで代償金の額が変わってきます。
遺産分割では、不動産の評価方法に絶対的な基準はないため、不動産の評価方法争いになることもあります。

・換価分割

換価分割とは、相続財産を売却して得られた代金を相続人で法定相続分に応じて分ける方法です。

相続財産を金銭に換えた場合は相続分どおりきっちり分けられます。そのため、相続財産の現物の取得を希望する相続人がいない場合には、換価分割によれば公平に相続財産を分与することができます。

換価分割じは売却手数料などのコストがかかってしまうため、分与できる財産が減ってしまうというデメリットがあります。

売却により譲渡所得税が課されるケースでは、被相続人と同居していた相続人と他の相続人とで税額が変わってくることもあるため、争いになる可能性はあります。

・共有

相続財産を分割せず、共有のままにしておくという方法です。

不動産については、遺産分割をしていなくても、法定相続分での相続登記が可能です。

不動産を共有にする場合は、各共有者がその不動産全体を利用することができます。

不動産の共有者は、他の共有者の同意を得ることなく自分の持分を売却することも可能です。

不動産を相続人の共有にすれば、一見公平な遺産分割ができるように思います。

しかし、不動産の持分の売却は可能とはいえ、通常は不動産の持分だけを購入する人は現れません。

不動産全体を売却したり賃貸したりするには他の共有者の同意が必要となりますので、相続した不動産を思うように活用できないことになります。

遺産分割が困難な場合でも、共有はできるだけ避けた方が無難です。

遺品整理マメ知識

  1. 孤独死から葬式までの流れを解説 近年、孤独死が非常に問…
  2. 買取できる遺品の種類 家族がなくなって必ずやらなくてい…
  3. 遺品整理で出た不用品。どんなものが買取してもらえるの? …
  4. 教えて!雛人形の供養・処分方法 家族が亡くなってしまう…
  5. ぬいぐるみのお焚き上げ供養・処分方法 遺品処分で困るも…
  6. 孤独死発見から遺品整理までの流れ 近年ニュースで孤独死…

Category