生前整理

生前整理とは、自分の死後に備えて財産や持ち物を整理することです。

生前整理は物の整理も含まれますが、自分の亡きあとに遺品整理や相続問題で家族が困らないように身辺整理をしておくという意味合いで用いられることが多いようです。

最近では終活が一般化してきたこともあり、生前整理を行う人が増えています。

●概要

生前整理とは、不要な物を減らして快適な老後を送るために元気なうちに自身の財産を整理することです。

少子高齢化の進行とともに子供や孫に遺産整理で迷惑をかけたくないと考える人が増え、終活の一環として生前整理が行われるようになりました。

自分の他界した後に残された方が困ったり争ったりしないよう、財産や住空間を整理する生前整理。

通常、親族が亡くなると遺族が遺品の整理や財産の分配手続きを行いますが、その手続きや遺品整理には大きな手間と長い時間を必要とすることもあるため、遺族に大きな負担がかかることもあります。

また、遺書などで故人の明確な意思が示されていない場合は、故人の希望に沿った遺品整理ができているという確証が持てないまま遺品整理をされることにもなりかねません。そのようなことを防ぐために生まれた考え方が生前整理です。

●整理の種類

・生前整理…本人が家族や親族のために、主に財産問題や相続トラブルの解消のための整理
・老前整理…本人が自分のために、今の暮らしをよりよくするためにシンプル化する
・遺品整理…遺族が行う、故人の遺品を整理する

●生前整理のメリット

・自分の意志で所有物をコントロールすることができる
・自分が他界した後の家族の負担を軽減させることができる
・整理することで余生を快適に送ることができる
・処分することで不用品にかかっていた維持費を抑えることができる

遺族の負担軽減

人は年を重ねるほど家具や家電、衣類、食器などの持ち物が増え、多くの場合は所持品の価値は持ち主にしかわかりません。もしものことがあったときに家の中が物であふれていたら、遺族は遺品整理に膨大な時間と手間を費やすことになってしまうこともあります。

また、不用品と判断して処分した後で大切な人が遺していった物を捨ててしまって良かったのか、本当は取っておくべきだったのではないかなどの後悔をしてしまうこともあります。

そのため、自分が元気なうちに不要な物を処分したり譲ったりして物を減らしておくことは、遺族の時間的負担や精神的な負担を軽減してあげることになるのです。

また、値打ちのある装飾品などは死後に遺品の分配をめぐって親族が争う可能性があります。

生前整理には、相続をスムーズにし無用なトラブルを防ぐ効果も期待できます。

・相続問題、家族間トラブル回避

生前整理は残された家族が相続問題で揉めないように行う整理という意味合いで語られることが多く、生前整理を行うことで財産の整理がしやすくなり相続財産の一覧を作成することができます。

相続財産の一覧を利用して遺言書を作成したり、エンディングノートを作成したりすることもできます。

どうしてその内容の財産配分を考えたのかその理由を残すことにより、故人の意思が明確になり自身亡き後の相続問題での家族間トラブルを回避することができます。

・家族の遺品整理の負担を減らす

遺族が遺品整理を行う際、家を片付けや必要な物を探すために時間や体力、精神的に大きな負担を与えてしまいます。

住宅が賃貸であった場合はすぐにでも立ち退く必要があるため、遺族が遠方にいる場合は遠方から来てすぐに片づけなくてはいけない状況となります。

ある程度生前整理をしておくことで、家族の負担を少しでも減らすことができます。

自分自身のためになる

所持品を整理しないまま最期の時を迎えると、本来形見として家族に渡したかった物が処分されてしまったり、別の人に渡ってしまうこともあります。

また、家族に見られたくないものや人に知られたくなかったプライベートな事柄を知られてしまう可能性もあります。

大切な人にきちんと感謝の気持ちを残したり最後まで自尊心を守り通したりするためにも、生前整理は有効です。

生前整理をするためには必ず自分にとっての理想的な最期について考え、今をどう生きるかを考えることにもつながります。生前整理は死後のためだけでなく、今の人生を充実させることにもつながるのです。

生前整理をするときには理想の最期に向かって自分がこれから生きていくために欠かせない物だけを残すと考えて仕分けますので、不要な物がはっきりと見えてきます。

生前整理をすることで物が減り、生活が快適になることもメリットといえます。

・いざという時のために備えることができる

日本人の半数はがんにかかるという厚生労働省の統計があり、また、団塊の世代が75歳以上となる2025年頃に、認知症患者は5人に1人を占めるともいわれています。

もし、がんにかかって入院しなくてはいけなくなったり、体を痛めたり認知症になるなどして施設に入居することになったとき、整理をしておくことで、本人の精神的負担も家族への負担も軽くなります。

あらかじめ対策をしておくことで、予期せぬ入院にも慌てずに済みます。

整理整頓された環境で暮らすことは、ストレスからくる疾病やつまずいて転ぶなどから起こる怪我のリスクも軽減されます。

●生前整理を始めるタイミング

体力気力の充実している若いうちに行いましょう。

子供の独り立ちや家族と同居するタイミングで行うこともおすすめ、思い立ったときに始めてしまうことが肝心です。

持ち主の意思が反映させるためにも、なるべく元気なうちに考えておくことをおすすめします。

●生前整理の方法

・財産の目録を作る

必要な物を処分してしまわないように、財産目録の作成から始めましょう。

集めたものは大きめの箱を作りそこにまとめておき、絵画や壺などの骨董品など大きなものは保管する部屋を決めて誰にでもわかるようにしておきましょう。

・長年使っていない物を処分する

貴金属、古本や雑誌などでまだ価値のあるもの(小説、単行本、学術書)などは、売却しましょう。

タンスやベッドなど大型の家具が必要なくなった場合には、リサイクルショップなどに売却したり、状態の悪いものは自治体のルールに従って処分しましょう。

・処分に迷うものは

昔の写真で、バラバラに保存してあるものは、年代ごとにひとまとめにして整理しておきましょう。先祖代々の記録は子孫にとっても大切な宝物になります。

洋服は特に思い出深い何着かを残しておいて処分しましょう。それ意外は、写真やビデオに残しておきましょう。

亡くなった方の思い出の詰まった時計や貴金属もいくつか思い出深いものを残して処分しましょう。

遺品整理マメ知識

  1. 孤独死発見から遺品整理までの流れ 近年ニュースで孤独死…
  2. 教えて!雛人形の供養・処分方法 家族が亡くなってしまう…
  3. 孤独死から葬式までの流れを解説 近年、孤独死が非常に問…
  4. 買取できる遺品の種類 家族がなくなって必ずやらなくてい…
  5. 遺品整理で出た不用品。どんなものが買取してもらえるの? …
  6. ぬいぐるみのお焚き上げ供養・処分方法 遺品処分で困るも…

Category