独居老人

独居老人とは一人で日常の生活をしている高齢者のことです。

生涯独身の高齢者や配偶者と死別や離別し一人暮らしをしている高齢者であり、周囲のサポート受けられない状態ととなっています。

定年退職し無職であり家族もすでに亡くなっている、もしくは何らかの事情によって疎遠になっているか、遠方に住んでいることで連絡をとっていないなど孤立している高齢者を意味しています。

概要

独居老人とは一人で生活している老人で、狭義には定年退職などの形で所定の仕事には付いていない、あるいは地域社会との接点を持たない、何らかのコミュニティに属していない高齢者です。
一般に、所定の仕事に付いていたり地域社会に何らかの関係を持っている場合にはあまり独居老人とは呼ばれません。
日本では2004年度の厚生労働省の国民生活基礎調査にて全世帯数の約8%が65歳以上の独居者で占められいます。
この中には親族は既に他界していていないかもしくは親戚がいる場合でも何らかの事情により関係を絶っている場合も含まれ、関係を絶っていなくても親族が遠隔地に住むために連絡が疎遠となっている場合も含まれています。

地方自治体や福祉事務所では基本的人権の範疇における生活保護としてこの独居老人の存在や生活状況をするために、民生児童委員やホームヘルパーなどを活用しています。

独居老人になってしまう理由

独居老人になることは珍しいことではありません。
昔は家を継ぐということが当たり前で子供世帯と同居している高齢者も非常に多かったですが、今は核家族化が進み子供世帯は都心に住み高齢者は田舎の実家に住み続けているというケースが増えています。
その際、親子関係が悪い、都心に引っ越して子供と一緒に住むことに抵抗を感じる、子供の世話にはなりたくない様々な理由によって独居老人になってしまうのです。

独居老人の社会問題

・孤独死
独居老人は社会との接点に乏しいことから、周囲に存在さえ知られないまま餓死や病死する孤独死につながることもあります。

・悪徳商法の被害
催眠商法や詐欺など、悪徳商法の被害に遭うケースもあります。
日常生活には支障の無い軽度の認知症でも契約能力がなかったり、悪徳商法の関係者に恫喝されたり懐柔されたり、孤独による寂しさに付け入れられたりなどが要因です。

・社会に参加しない
自主防災(地域防災)や地方自治(自治会)などの住民参加型の社会基盤の場合、独居家庭の高齢者には参加が難しくなっています。
ごみの分別収集方式である沼津方式のように、住民参加が欠かせない社会サービスの破綻も危惧されています。

・亡くなった場合
独居老人が亡くなった場会、関係者の連絡先が分からないこともあり家財道具を含む財産が第三者に勝手に処分されたり、あるいは没収されたりして後々名乗り出た遺族と揉める場合もあります。

認知症独居老人の問題

認知症独居老人と呼ばれる高齢者が増加しています。
厚生労働省の「2025年の超高齢社会像」では高齢者の認知症発症率はおおよそ15%程度と言われており、平成27年は独居老人600万人の内90万人近くの方が認知症独居老人になっている可能性があり、平成47年では110万に近くが認知症独居老人となる可能性があります。

・健康面で問題が起きる
認知症は記憶を徐々に失ってしまうため、排泄や食事などにも影響を及ぼしてしまいます。
食事では食事を食べた後またすぐに食事をしてしまう、嘔吐するまで自分が満腹であることに気づかない状態になる、食後の掃除も出来ずそのまま放置されてしまうなど、健康面で著しく問題を引き起こしてしまう可能性があります。
自分で病院に行くことも出来ずそのまま孤独死をしてしまう、徘徊などによって交通事故に巻き込まれることなどもあります。

・認知症に気づかず症状が進行
本人が認知症であることに気づかないという問題もあります。
最近物忘れが激しくなったなどある程度自覚症状を感じてもそれが認知症だとは思わないケース、自分はまだ元気だというプライドもあってそれを認めようとしない現実もあります。
独居老人は社会との接点に乏しいことから誰にも気づかれずに症状が進行してしまい、手遅れになってしまいます。

問題の予防

独居老人の問題を進行させないためにも交流を増やすことは非常に重要です。
日々の変化を誰かに見てもらえるだけでも認知症の早期発見なども可能になり、万が一の事があっても発見が早まります。
地域社会との接点を持たない独居老人は経済的・健康面・犯罪に巻き込まれても周囲に助けを求めにくいため、相談相手を身近に持つことは重要です。
交流を作るためには趣味を持つ事が一番早い方法でもありますので、自分に合った趣味を見つけ独居老人の問題を回避しましょう。
老人会など高齢者コミュニティへの積極的参加や近所付き合いの積極化、高齢者同士の結婚のような新しい形態の家族への参加などがあります。
訪問介護のようなサービスを必要としない健康な人でも趣味のサークルやボランティア活動などのコミュニティに属することで、日常のちょっとした問題を気軽に相談できる友人ができます。

遺品整理マメ知識

  1. 孤独死発見から遺品整理までの流れ 近年ニュースで孤独死…
  2. 教えて!雛人形の供養・処分方法 家族が亡くなってしまう…
  3. 遺品整理で出た不用品。どんなものが買取してもらえるの? …
  4. ぬいぐるみのお焚き上げ供養・処分方法 遺品処分で困るも…
  5. 孤独死から葬式までの流れを解説 近年、孤独死が非常に問…
  6. 買取できる遺品の種類 家族がなくなって必ずやらなくてい…

Category