お焚き上げ

お焚き上げとは、不用になった遺品や愛用品などを感謝の気持ちを込めて天に返すための儀式です。

元々、神社やお寺の庭で仏壇や人形、神棚などの粗末にしてはいけないものを感謝の気持ちを込めながら浄火して天に戻す風習のことを指しています。

古くから、日本では想いを込めたものには気持ちが宿ると言われ、浄火して天上へ還す事により炎の力で清められると考えられています。

●お焚き上げをしてくれる場所

神社仏閣や遺品整理業者などお焚上げを行っている業者に頼むのが一般的です。

神社仏閣の場合、昔からそのお寺や神社にお世話になっている檀家や氏子でないと、お焚上げしてくれないところ、全国から誰でもお焚上げができるところもあります。

故人がお世話になっていたお寺や神社でお焚き上げができれば、それが一番の供養になります。

しかし、お世話になっていたお寺や神社が、お焚き上げを行っていなかったり、御札だけ人形だけといった品物による限定があることも多いです。

お焚き上げをする時期が一年に一回であったりと、こちらのタイミングとは合わないケースもあります。

お焚上げを行っている業者は、近所であれば来てくれるところもありますし、ダンボールに入れて郵送できるところもあります。

・神社仏閣などにお願いする

神社仏閣などにお焚き上げをお願いするメリットは、価格や費用を安く抑える事ができることです。

料金は基本的にはお気持ち分のお礼をお納めするだけで対応してもらうことができます。

デメリットは、品物によっては受けてくれないこと、受付してくれる時期が正月明けなどの人手が多い時期に限られたりします。

・専門に扱う業者にお願いする

遺品整理やお焚き上げを専門に扱う業者にお願いするメリットは、神社仏閣などで断られた品物でも受付してもらうことができるかもしれないこと、対応時期が割と年中対応してくれることです。

デメリットは、神社仏閣などと比べて料金が高くなってしまうことが多いことです。

●お焚き上げが必要な品物

思いがこもっているためそのまま捨てることができないもの、魂が宿っているものなどはお焚き上げで供養しましょう。

遺品として残されたもの、承継者がいないもの、仏壇仏具や神棚など手を合わせる対象となっていたもの、人形など大切に扱っていたものなどを処分する際にもお焚き上げを行われています。

・仏壇仏具

仏壇や仏具を処分する際には、お焚き上げが必要とされています。

仏壇や仏具のお焚き上げをする前には、菩提寺などで閉眼供養(魂抜き、お根性抜き、御霊抜き)をしてもらいましょう。

閉眼供養をすることで、仏壇や仏具は手を合わせる対象から普通のものになります。

・お守り

学業成就や縁結び、安産のお守りなどもお焚き上げを行いましょう。

お守りの有効期限は一般的に1年とされています。安産祈願や合格祈願などのお守りの場合、出産や受験が終了したタイミングで返納します。

年末年始には神社や仏閣などで古札納め所が用意され、古くなったお守りなどの回収が行われています。

・人形やぬいぐるみ

子どものころに大切にしていた人形やぬいぐるみ、人形には災厄を持ち主に代わって引き受けてくれると考えられてきました。

そのまま捨ててしまうのは心苦しい方はお焚き上げを行いましょう。

葬儀社などでは人形供養祭を定期的に開催しているところもあり、集まった人形を祭壇に飾って僧侶に読経して供養してもらうことができます。

・だるま

だるまは商売繁盛や選挙の必勝など縁起物、役目を終えただるまは礼を尽くして処分を行いましょう。

・写真

携帯電話やデジカメなどのデータとして残っている写真は簡単に消去することができますが、写真として残っているものは捨てづらいものです。

捨てることのできない写真はお焚き上げ供養を行いましょう。

●お焚き上げの注意点

故人が生前に残しておきたいと希望していたものはお焚き上げや処などはしないようにしましょう。

普段使えないようなものについては、手元供養という形で保管や加工をしたり、遺品整理をするようにしましょう。

・お焚き上げができないもの

お焚き上げは火で燃やして処分を行うため、燃えないもの、ガラスや陶器、家電製品などはお焚き上げをすることはできません。

燃やすと有害物質が出るものや危険物も同様です。

・お焚き上げは粗大ゴミ処理ではない

お焚き上げはゴミ処理ではありません。

故人のタンスや布団などは、他に使用する人がいなければリサイクルショップやオークションを利用するか、粗大ゴミとして処分しましょう。

・お焚き上げに出す品物は家族や親戚とよく相談してから決める

家族が亡くなると気持ちが動転してしまい、遺品の処分を早くしないといけないような気になってしまいます。

慌てて目の前から無くしてしまわないととあせるあまり、後から冷静になって考えると全て処分しなくても良かったと後悔することもあります。

兄弟や家族が何人もいる場合は後々のトラブルにならないためにも、お焚き上げすることを前もって話し合っておきましょう。

お焚き上げの方法や値段などで家族や親戚間でトラブルになることも多く、お焚き上げをする品物や方法、お願いする施設について家族や親戚とよく相談する必要があります。

●お焚き上げの費用・価格相場

・神社仏閣に依頼する

神社仏閣に依頼するとき、お焚き上げして欲しい品物を置いておく場所が開設されています。こちらに品物を置いておく場合は、お気持ち程度のお賽銭でお願いをします。

また、お焚き上げで対応できない品物などは神社仏閣の神棚処分という形がとられ、神社仏閣の祈祷受付所という場所で受付されています。

神棚処分の場合はご祈祷料をお納めするのですが費用相場は、3,000円~10,000円程度です。

神棚の大きさや祈祷に立ち会うかどうかによっても変わり、お気持ち程度のお礼をお納めする形で値段が決まっていないところもあります。

神棚処分は御魂入れという儀式が行われますので、お玉串として3,000円~5,000円を包むことは一般的です。数千円程度のお金はお包みしましょう。

神棚処分に対応しているかどうかは寺社によっても異なりますので、事前に問い合わせるようにしましょう。

・遺品整理専門業者に依頼する

依頼する業者によっても値段・費用は異なります。

●お焚き上げをしてくれる時期

神社仏閣によっても様々ですが、お焚き上げをしてくれる時期は正月三が日が一般的に多く、長い寺社仏閣でも正月明け10日くらいです。

その後は一月中旬(1月15日前後の土日)にかけ、どんど焼きが行われます。神棚処分も含めると、年中対応している寺社仏閣もあります。

●お焚き上げの依頼方法

・神社へ直接持っていく

年末からお正月にかけて、境内に特設された古札納め所に持ち込むとまとめてお焚き上げしてもらうことができます。

それ以外の時期でも納めることができるところもあります。

・郵送する

封筒にお守りを入れ、お守り在中やお焚き上げ希望などと目立つように書き、郵送しましょう。封筒の中にはお守りとお焚き上げ料、御挨拶の手紙を同封しておくとよいでしょう。

お焚き上げ料の金額に決まりはありませんが、お守りと同額を入れることが多いようです。郵便物に現金を入れることは禁止されていますので、現金書留や口座振込を利用して送金をしましょう。

郵送の受付期間は、どの神社やお寺も一年を通して受け付けています。郵送に対応していないところもありますので、まずは電話で確認してみましょう。

●関連記事

エンディングノート

核家族

遺品整理マメ知識

  1. ぬいぐるみのお焚き上げ供養・処分方法 遺品処分で困るも…
  2. 遺品整理で出た不用品。どんなものが買取してもらえるの? …
  3. 教えて!雛人形の供養・処分方法 家族が亡くなってしまう…
  4. 買取できる遺品の種類 家族がなくなって必ずやらなくてい…
  5. 孤独死から葬式までの流れを解説 近年、孤独死が非常に問…
  6. 孤独死発見から遺品整理までの流れ 近年ニュースで孤独死…

Category