法要

法要とは亡くなられた方の冥福を祈って、供養をする仏教の儀式です。本来は四十九日目まで七日ごとに法要がありますが、初七日と四十九日を除いては遺族のみで営まれるのが一般的です。 通常は四十九日をもって忌明けとし、この日以降は年忌法要となります。

概要

仏教では逝去してから四十九日の間を「中陰」とされ、 中陰の間は閻魔大王による裁きが七日おきに実施されます。極楽浄土へ旅立てるか否かの判定が下されるのが四十九日目にあたり、この日が忌明けになります。
遺族は七日おきの裁きに合わせて法要を営み故人の冥福を祈る追善供養が法要です。

仏教では法要を行う日が決まっています。

死後七日ごとに四十九日まで行う忌日法要と、一周忌、三回忌、七回忌、十三回忌などの年忌法要です。

一周忌、三回忌、七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十七回忌とつづき、三十三回忌で長い修行の締めくくりとして、故人は菩薩の道に入り、「ご先祖さま=守り神」となります。

仏教ではさらに、五十回忌、百回忌と続きますが、一般には三十三回忌、もしくは五十回忌をもって「弔い上げ」とし、法事の締めくくりとしています。

忌日法要

・初七日(7日目)
遺族や親族、友人、知人なども列席し、読経の間に焼香を行ないます。
また、喪主のあいさつと合わせて、精進落とし(会食)の案内をします。
本来であれば初七日(ご逝去された日から7日目)に法要をいますが、親族などにまた集まっていただくのは大変なので、初七日法要は火葬の骨上げ後(一部地域では式中)に行われることが一般的です。

・ニ七日(14日目)
遺族のみで営まれ、僧侶の読経や焼香については省かれるのが通例です。

・三七日(21日目)
遺族のみで営まれ、僧侶の読経や焼香については省かれるのが通例です。

・四七日(28日目)
遺族のみで営まれ、僧侶の読経や焼香については省かれるのが通例です。

・五七日(35日目)
遺族のみで営まれ、僧侶の読経や焼香については省かれるのが通例です。
※宗派や地域によっては五七日を忌明けとする場合もあり、法要の内容は四十九日日と同様になります。

・六七日(42日目)
遺族のみで営まれ、僧侶の読経や焼香については省かれるのが通例です。

・七七日・四十九日(49日目)
ご逝去された日を入れて49日目に行いますが、実際には49日目より手前の休日に実施することがほとんどです。一般的に、家族や親戚、故人と特に親しかった友人や知人で会食を行うことが多く、服装は葬儀と同じく喪服を着用します。
四十九日法要後に納骨をする場合が多く、寺院の本堂や霊園の管理棟の法要会場で行うことが多いです。菩提寺がなく墓もない方は、自宅や斎場で行うこともあります。

・百箇日(100日目)
遺族のみで営まれ、僧侶の読経や焼香については省かれるのが通例です。
百箇日法要は寺院ではなく自宅で行われることが多く、自宅で行う場合は仏壇に手を合わせます。
百か日法要では読経終了後の会食の決まりはありません。

・新盆(初盆)(7月15日、8月15日)
四十九日法要が終わって初めて迎えるお盆は「新盆(初盆)」で盛大に法要を行い、一般的には親族だけでなく友人知人も招くことが多いです。
地域により7月13日から16日の場合と8月13日から16日の場合があり、四十九日前にお盆を迎えた場合は翌年が新盆になります。

年忌法要

・一周忌(満1年目)
遺族や親族、友人や知人も列席し、僧侶の読経が行なわれた後に全員で焼香やお斎を行ないます。
亡くなってから満1年を迎える祥月命日に行う法要で、時間は午前中10時から11時ごろに行う場合が多いようです。
一周忌法要をもって忌明けとなりますので、親族や近しい知人を大勢招いて盛大に行います。服装は葬儀と同じく喪服を着用します。

・三回忌(満2年目)
遺族や親族、友人や知人も列席し、僧侶の読経が行なわれた後に全員で焼香やお斎を行ないます。
亡くなってから満2年を迎える祥月命日に行う法要です。
参列者は一周忌より少ない場合が多く、知人や血縁関係の薄い方には声をかけないこともあります。

・七回忌(満6年目)
亡くなってから満6年を迎える祥月命日に行う法要です。
親族や知人が集まり、自宅に僧侶を招くかお寺で読経をしてもらいます。
七回忌以降は、一周忌や三回忌より規模を小さくして行う場合が多いです。

・十三回忌(満12年目)
亡くなってから満12年を迎える祥月命日に行う法要す。
親族や知人が集まり、自宅に僧侶を招くかお寺で読経をしてもらいます。
七回忌、十三回忌から法要の規模は縮小されますので、一般的に十三回忌を盛大に行うことはありません。

・十七回忌(満16年目)
亡くなってから満16年を迎える祥月命日に行う法要です。
親族や知人が集まり、自宅に僧侶を招くかお寺で読経をしてもらいます。

・二十三回忌(満22年目)
亡くなってから満22年を迎える祥月命日に行う法要です。

・二十五回忌(満24年目)
亡くなってから満24年を迎える祥月命日に行う法要です。
二十五回忌を行わない場合や二十三回忌と二十七回忌を併合して行う場合など、地域や宗旨、宗派によっても異なります。

・二十七回忌(満26年目)
亡くなってから満26年を迎える祥月命日に行う法要です。
二十七回忌の代わりに二十五回忌を行うなど、地域や宗旨、宗派によって異なる場合があります。

・三十三回忌(満32年目)
亡くなってから満32年を迎える祥月命日に行う法要です。
遺族や親族のみで行うのが一般的ですが、生前付き合いの深かった友人や知人も列席することもあります。
三十三回忌にて「弔い上げ」とすることが多く、個人の位牌から、合祀された先祖代々の位牌になります。
どんな罪を犯した故人でも極楽浄土へ行けるようになり、荒御魂が祖霊となるという考え方から「弔い上げ」と呼ばれます。
五十回忌を弔い上げとする場合もあります。

・五十回忌(満49年目)
亡くなってから満49年を迎える祥月命日に行う法要です。
宗旨・宗派によっては五十回忌の法要で弔い上げとなります、個人の位牌から、合祀された先祖代々の位牌になります。

法要と法事の違い

法要とは遺族が故人を偲び冥福を祈るために行う「追善供養」、法要を営むことによりそれが故人の善行となり極楽浄土に往生できるといわれています。
浄土真宗ではご臨終と同時に極楽往生すると考えられ、法要は個人を偲び仏法に接するために営まれます。

法事とは法要を行うときにお坊さんにお経をあげてもらい、その後会食をすることすべてを合わせてたものです。

遺品整理マメ知識

  1. 教えて!雛人形の供養・処分方法 家族が亡くなってしまう…
  2. 孤独死発見から遺品整理までの流れ 近年ニュースで孤独死…
  3. 孤独死から葬式までの流れを解説 近年、孤独死が非常に問…
  4. 遺品整理で出た不用品。どんなものが買取してもらえるの? …
  5. ぬいぐるみのお焚き上げ供養・処分方法 遺品処分で困るも…
  6. 買取できる遺品の種類 家族がなくなって必ずやらなくてい…

Category