エンディングノート

エンディングノートとは、高齢者が人生の終末期に迎える死に備えて自身の希望を書き留めておくノートです。

自身が死亡したときや、判断力・意思疎通能力の喪失を伴う病気にかかったときに希望する内容を記します。

書かれる事柄は特に決まっているわけではなく任意ですが、主に病気になったときの延命措置を望むか望まないか、自身に介護が必要になった際に希望すること、財産・貴重品に関する情報、葬儀に対する希望、相続に対する考え方、プロフィール・自分史、家系図などがあります。

法的効力がある遺言とは異なり、存命中や死後の家族の負担を減らすことを目的としています。

エンディングノートは死のためのノートではなく、よりよく死を迎えるためのノートです。

死んだあとにどうするかという情報だけではなく、自分らしい終焉を迎えるために何をすべきかを綴ります。

必ず訪れるゴールに向かって自分のポジションを確認していく、いわばライフプランのようなものです。

過去を振り返ることで、未来が見えてきます。

人生を自分らしく生きるために、エンディングノートを始めてみましょう。

エンディングノートの選び方

エンディングノートを選ぶ際には、自分が書き残したいことのバランスが大事になってきます。

それぞれのエンディングノートによって、項目の違いや、分量の違いがあります。

量が多ければいいとも限りません。

あまりにも項目や量が多すぎると、記入することが嫌になってしまう方もいらっしゃいますので自分に合ったものを選ぶのが重要です。

しかしながら、近年の終活ブームもあり、その数は非常に多く、ご自身に合ったものを探すことは非常に困難と言えるでしょう。

エンディングノートの記入内容

・自分自身について

自分の基本情報、本籍、勤務先、保険証、免許証、パスポート、住民票コード、マイナンバーなど。

・資産について

預貯金(銀行名・口座番号)、口座自動引き落とし(公共料金などの各種支払い)、有価証券・その他の金融資産、不動産、その他の資産(絵画・美術品・骨とう品・ブランド品など)、借入金・ローン、クレジットカード・電子マネー、保険、年金など。

・気になること

携帯・パソコン(デジタル終活)、WEBサイトのID・パスワード、宝物・コレクション、ペット、生活(管理組合・町内会・習い事など)など。

・家族・親族について

家族一覧、親族一覧、親族表(家系図)、親族の命日、冠婚葬祭の記録など。

・友人・知人について

友人・知人一覧、サークル・習い事・同窓会などの連絡先など。

・医療について

健康管理(アレルギー・かかりつけ病院・持病・常用薬・過去の病歴)、告知、延命治療、臓器提供や献体など。

・介護について

認知症になった場合、介護をお願いしたい人、介護をお願いしたい場所、介護してくれる人に伝えたいこと、介護費用、財産管理、介護されるときの希望(食べ物・服装・趣味など)など。

・葬儀について

葬儀の実施の規模、葬儀の業者・会場、葬儀の費用、喪主になってほしい人、挨拶をお願いしたい人、戒名(法名)、香典、遺影など。

・お墓や供養のこと

埋葬先の有無、希望の埋葬方法(墓・納骨堂・樹木葬・永代供養・散骨など)、お墓の承継者、お墓や供養にかかる費用など。

・遺言書について

遺言書の有無、保管、最新の遺言書の日付、遺言書の種類(自筆証書、公正証書、秘密証書)、?依頼・相談している専門家の情報など。

・相続について

遺産分割の希望(エンディングノートの場合、法的拘束力はなし)、相続に関する希望など。

・メッセージ

家族や友人に対し、感謝の言葉や思い出話、最後に伝えたいことなど、共に過ごした時間が幸せであったことをメッセージとして残します。

文字だけでなく、写真を添えたり動画として残したり、普段通りのまま語り掛けるように心の思いを伝えてください。

●エンディングノートを記入するときの心構え

入院をしたり体調が悪くなってから、エンディングノートを書くのは大変です。いつまでも健康と思わずに、頭が働きペンを動かせるうちに書きましょう。

・書けるところから記入する

1ページ目から順番に書いていく必要はありません。最初から完璧を目指すと挫折してしまうことがあります。
基本の情報や、もしものときの知り合いの連絡先、口座の番号など、簡単に書けるところから書いていきましょう。

・今の気持ちを書いてみる

後から書き直してもいいので、今の気持ちを書いてみましょう。

健康な時と体の調子が悪くなった時、60代の時と70代の時、気持ちの変化があっても当然です。将来どうなるかということは深く考え過ぎず、現在の気持ちを素直に書きましょう。

経済状況も十年後には変わっていくはず、定期的に記入内容を見直していくくらいの心構えが必要です。

・空欄や抜けているページがあっても気にしない

全てを記入する必要はありません。残される方の立場からすれば、いくつかの項目があるだけでも助かるものです。

どうしても決められないことや、重要度が低いものは無理をして書く必要はありません。

●エンディングノートには法的根拠はない

エンディングノートは遺言書と違い法的根拠はありません。

遺言書(遺書)と違い、エンディングノートには法的根拠はありません。特に相続のことが気になる場合は、遺言書を作成しましょう。

銀行口座や個人情報を記入する場合は、保管場所に注意が必要です。

すぐに見つけられるところに置くのではなく、何かがあったときのために保管場所は信頼できる人物に伝えておきましょうす。

●エンディングノートを残すメリット

・自分に万一のことがあったときも、家族が困らない

ご本人が亡くなって、あれは、どこ?、これはどうしたら?、お葬式はどんなふうにしたらなど、家族が困ることがあります。

エンディングノートを残しておくことで、家族が困る可能性を低くすることができます。

・日常生活の備忘録としても使える

年を取って物忘れを起こすことがあっても、住所録や連絡先などの情報1箇所にまとめたノートがあると日常生活でも便利です。

・家族に対する自分の愛情を伝えることができる

面と向かってはなかなか言えない愛情表現や感謝の言葉などを家族に伝えることができます。

生前ちょっと照れくさくて言えないようなメッセージをエンディングノートに残しておくことで、家族の悲しみを癒しグリーフワーク?に役立つこともあります。

●エンディングノートの選び方

エンディングノートに決まった形式はありません。

市販のノートもありますし、WordやExcelを使ってデジタル管理をすることもできます。

どのような内容を書けばいいかわからない、ノートの作り方が分からないという方は、文房具店や書店などでエンディングノートが販売されています。

書式をインターネットでダウンロードすることもできますので、必要なものだけダウンロードして印刷し、市販のノートに貼り付けて作成する方法もあります。

遺品整理マメ知識

  1. 買取できる遺品の種類 家族がなくなって必ずやらなくてい…
  2. 遺品整理で出た不用品。どんなものが買取してもらえるの? …
  3. 教えて!雛人形の供養・処分方法 家族が亡くなってしまう…
  4. ぬいぐるみのお焚き上げ供養・処分方法 遺品処分で困るも…
  5. 孤独死発見から遺品整理までの流れ 近年ニュースで孤独死…
  6. 孤独死から葬式までの流れを解説 近年、孤独死が非常に問…

Category