永代供養

永代供養とは、寺や霊園を運営する宗教法人が故人の親族に代わって墓や位牌を管理することです。寺側が読経や法要を担い、親族は出向く必要はありません。

近年では、供養に対する意識の希薄化や墓の管理継承者がいないなどから、墓を持たない供養方法として注目されています。

しかし、永代供養は依頼先によって供養期間や管理方法が異なり、永代に渡り供養してもらえないことや、遺骨の管理のみで供養をしてもらえないことがあるため注意が必要です。

●永代供養のメリット

・寺院や霊園に供養や管理を任せることができる

供養と管理は基本的に寺や霊園に行ってもらえるため、自身で管理をする必要はありません。ただし、管理先によっては供養の回数や頻度が決まっているため、故人の命日など希望する供養の時期がある場合は事前に確認しましょう。

・新しく墓を建てるより費用を抑えることができる

合同墓の場合は墓石代がかからず墓地の使用料なども安くなるため、一般的な個人墓よりも安く利用することができます。

・宗派宗旨を問われない

永代供養墓の場合、宗派宗旨を問われず誰でも利用することができます。ただし、寺によっては檀家になることを条件としている場合もあるため確認が必要です。

・交通の便が良い

お参りに通いやすい点もメリットとしてあげられます。
交通の便が良いところに立てられていることが多く、多少駅から遠くても駐車場が完備されていることが多くなっています。

●永代供養のデメリット

・合同墓では遺骨を取り出すことができない

永代供養で預けた遺骨は、多くの場合に合同墓や合祀墓と呼ばれる共同で使う墓で管理されます。この場合は他の人と一緒に骨を埋めることになるため、遺骨を取り出すことができなくなります。

・弔い上げまでの供養となることが多い

多くの場合、33回忌などのタイミングで合祀されます。

●永代供養を選ぶポイント

永代供養の永代とは未来永劫という意味ではなく、寺や霊園ごとに供養の期間が決められています。

33年程度が一般的とされていますが、依頼先に相談することで希望の年数で供養してもらえることもあります。管理方法は寺院や霊園によって異なるため、検討する際に確認しましょう。

・供養方法

永代供養墓には骨を個別に供養する分骨型、お骨を他の方と一緒に供養する合祀があります。合祀の場合は費用負担が小さいというメリットがありますが、一度骨を納めてしまうと取り出すことができないため注意点が必要です。

・埋葬する人数

合祀専用の永代供養墓の場合は価格は1名あたりの金額となるため、埋葬する人数分だけ使用料金がかかります。
夫婦や子どもなど複数人での利用を考える場合、普通の墓を建てたほうが安くつくこともあるため注意が必要です。
永代供養がセットになった墓の場合は短期間の使用を前提としているため、一般的な墓よりも納骨スペースが小さく注意が必要です。

・供養の頻度や宗派

霊園や寺院が執り行う永代供養の方法は様々で、毎日住職が読経をしてくれるところ、彼岸や盆だけ大々的に合同供養を行うところなど頻度や規模は異なります。
自身の宗派に則った供養を希望する場合は、永代供養墓を管理している寺院の宗派を確認しましょう。

・維持費の有無

墓の継承を前提とした一般的な墓では継続的な維持費用として年間管理料がかかりますが、永代供養墓や永代供養付きの墓は墓購入時に全て支払いを済ませるためその後の支払いはありません。
管理料が一切不要の場合や一括前払いのかたちで購入時の費用に含まれている場合など、プランによって様々です。
墓所によっては墓の利用者が生前の間のみ年間管理料がかかる場合などもあるため、費用の内訳をしっかりと確認しましょう。

・合祀するまでの期間

永代供養墓の多くが分骨型での供養は33年や50年などの一定期間を区切りとして、その後は合祀(他の方の骨と一緒になる)で供養する形式を取っています。

・寺や運営者の供養に対する考え方

永代供養は、将来に渡って末永く供養をしてもらうことになります。供養を任せるお寺や運営者がどのような考え方を持って供養に取り組まれているかを確認することも大切です。

●永代供養にかかる費用

永代供養には分骨型と合祀型の2種類があり、費用の相場は大きくかわります。費用は、永代供養墓の使用料や、お墓や施設の管理費用、定期的に行われる法要へのお布施などがあります。

・合祀専用の墓

合祀専用の墓とは、永代供養墓や合祀墓、合葬墓などで、 多くの人々と共同でひとつのお墓を利用します。
埋葬を済ませた後のことはすべて霊園や寺院に任せられるため、墓の管理や継承の心配はありません。

価格の目安:10万円~30万円程度
※永代供養墓の立地やつくりによって価格は異なります
※価格の目安は、1霊あたりの金額です
※年間管理料などの維持費はかかりません

・永代供養がセットプランになっている墓

単身者や夫婦だけの一代限りの墓、夫婦と子どもの2世代用として利用できる永代供養がセットプランになったお墓です。
墓に使用期限が設けられており、決められた期間内は一般的な墓と同じように我が家の墓として利用できるため、手厚くしっかりと供養をすることができます。
契約した使用期限が過ぎた後は合祀され、霊園や寺で供養を引き継ぐまでがセットになっているため墓に入った後に無縁仏になる心配がありません。
墓石型の一般的な墓や納骨堂など、様々なスタイルの墓において、この永代供養付きプランが増えています。

価格の目安:30万円~200万円程度
※使用期間中に個別利用するお墓のつくりによって価格帯は様々です
※骨壺が入る程度の狭いスペースの納骨堂は数十万円程度で利用できます
※スペースが広く一般的な墓と遜色のない立派な墓石タイプの墓地は、70~200万円程度が相場です

●永代供養にかかる費用を左右する要因

・墓の仕様(墓石・納骨堂など)
・個別埋葬される期間(17回忌まで、33回忌までなど)
・個別埋葬時の占有スペースの広さ
・墓石の大きさ・デザイン
・立地・地価

●永代供養墓に変更するには

個人墓から永代供養墓に変更したいという場合には、手続きが必要です。

①役場で改葬許可申請書をもらい各項目に記入する
②使用する永代供養墓のある寺から使用許可証をもらう
③改葬許可申請書と使用許可証を役場へ持って行き、改葬許可証を発行してもらう
④今までの寺で魂抜き(墓から霊魂を抜き取るための儀式)をしてもらい墓地を整理する
⑤改葬許可証を寺に提出し、永代供養墓へ遺骨を移す

遺品整理マメ知識

  1. ぬいぐるみのお焚き上げ供養・処分方法 遺品処分で困るも…
  2. 遺品整理で出た不用品。どんなものが買取してもらえるの? …
  3. 孤独死発見から遺品整理までの流れ 近年ニュースで孤独死…
  4. 教えて!雛人形の供養・処分方法 家族が亡くなってしまう…
  5. 孤独死から葬式までの流れを解説 近年、孤独死が非常に問…
  6. 買取できる遺品の種類 家族がなくなって必ずやらなくてい…

Category