デジタル遺品整理

デジタル遺品整理とは、パソコン・スマートフォンのデータ、SNSのアカウント、電子口座などのデジタル遺品を整理することです。

デジタル遺品はご遺族の方が相続することになりますが、資産だけでなく隠れた負債も相続してしまうこともあります。

有料サービスが自動引き落としになっている場合は、退会や解約手続きを適正に行う必要があります。

インターネットの利便性により、様々な情報をパソコンやスマートフォンで管理する人が増えてきました。かつては店舗に出向かなければいけなかった引き落としや支払いなどもネットバンキングで行えるようになり、株やFXなどの資産運用にもパソコンは欠かせないツールとなっています。

しかし、セキュリティの問題から本人以外が操作することが難しく、IDやパスワードが分からなければ資産を確認することができないという問題もあります。

また、家族には見られたくない情報を保存している人もいます。

ご遺族は、デジタル遺品が残されていないか、デジタル機器の中身を把握する必要があります。

●デジタル遺品整理の重要性

パソコンやスマホ、携帯電話などのデジタル機器の中には、使用している本人の情報がたくさん入っています。
持ち主が亡くなると、デジタル機器は「デジタル遺品」として遺族に残ることになります。
それらの中には写真や動画、ブログやSNS、ネットバンクの口座、ゲームのアカウントなどが存在し、中にはご遺族に見られたくない物も存在します。
それらをそのままにしておくと、個人情報の流出やアカウントの乗っ取りでのトラブル、FXをそのままにしておくとによる損失等が拡大することもあります。
スマホやPC内に記憶されたクレジットカードの情報からカード番号を読み取られ悪用されたりといったケースもあります。
最悪の事態を未然に防ぐためにも、デジタル遺品整理はこれからの時代に重要視されているのです。

●今すぐできる対策

大切な家族がデジタル遺品によってトラブルに巻き込まれたり、対応に困るような事態を避けるために今すぐできる対策をしましょう。

・デジタル遺品の生前整理をする

デジタル遺品によるトラブルを避けるための最善の方法は、本人が生前整理をしておくことです。
デジタル遺品は様々な情報を含んでいるため、しっかりと管理されていることが多くなっています。
ネット上で利用しているサービス、アカウントやパスワードの一覧表を作成して保存しておくと、必要な情報をすぐに見つけることができます。また、不要なデータはこまめに削除しておきましょう。

・見られたくないデータは、パスワード設定をしてロックする

家族にも見られたくないデータがある場合は、早めにデータを削除したり、必要なものはフォルダ分けをしてパスワードを設定するなど、他の人の目に触れることがないようにしておきましょう。

・家族に伝える

生前整理ができたら、エンディングノートを作成して家族に伝えることも大切です。
ネット上でのお金に関する管理情報は、もしもの時にすぐにパスワードなどの必要な情報を見つけることができるので、残された家族の負担を軽減できます。
保存されているデータだけでなく、自分のパソコンやスマートフォンの整理や処分方法なども具体的に希望を伝えておくと、自分がいなくなった後も安全に処分してもらうことができます。

●どうしてもパスワードが解除できない場合の対処方法

故人がパスワード情報を残していなかったり、情報を残していても遺族がその解除手順が分からないなどが理由でデジタル機器内に残されたデータの整理ができない場合など、デジタル遺品整理を行えないことがあります。
どうしてもパスワードが解除できない場合は、専門業者に依頼してロックを解除して方法があります。
そのまま放置してしまうと、残されたデータからトラブルに発展する可能性もあるため、デジタル遺品をしっかりと整理や処分を行うことが大切です。

●デジタル遺品のトラブル

デジタル遺品は、膨大な個人情報や重要な情報が含まれているため、その整理や処分方法などをめぐるトラブルが急増しています。

・スマホで撮った写真や趣味に関するデータ

スマートフォンやパソコンには、写真や動画、音楽、スケジュールや日記など、プライベートな情報が保存されています。
そのデータの中に家族にも見られたくない情報があることもあります。
金銭面や対人関係でのトラブルなどマイナスとなる情報が含まれていた場合、自分が亡くなった後にそれを知った家族が傷付いてしまったり、困惑させてしまう可能性があります。

・SNSやブログ

FacebookやTwitter、Instagramなど、複数のソーシャル・ネットワーキング・サービスを利用している人や、ブログなどで情報を発信している人が多くなっています。
利用者が亡くなった後そのまま放置していると、なりすましにより悪用されてネット上に大きな影響を与えてしまう危険性もあります。
自分が亡くなった場合、家族や友人にアカウントを削除するなど、アカウント管理を事前に依頼をしておきましょう。
アカウント管理については、それぞれのヘルプセンターで確認することができます。

・住所や電話番号、メールアドレス、LINEなどの連絡先と履歴

会社や会社の取引先、友人の連絡先を全てスマートフォンやパソコンなどのデジタル機器に保存し管理している人も多くなっています。
パスワードを設定して持ち主が亡くなった場合、残された家族が知らせたい人に連絡できず困ることもあります。
亡くなった人のデジタル機器をデータ消去が不十分なまま処分をしてしまい、連絡先などの個人情報やLINEの履歴からプライベートな内容、仕事上のメールの履歴から重要な情報が流出してしまう可能性があります。

・クレジットカードや電子マネーの情報

パソコンやスマートフォンにクレジットカードや電子マネーの情報が残された状態で処分すると、情報が流出して悪用されることもあります。

・ネット銀行やネット証券

ネット銀行やネット証券でお金を管理している場合、それらの情報を家族に伝えていないと遺産の相続で後になってトラブルが生じたり、パスワードが分からず手続きに時間と手間がかかってしまいます。

・仮想通貨

仮想通貨は二段階認証によって厳重にロックされているため、必要な情報を家族に伝えて大切な資産が引き継がれるように準備しておきましょう。
・FX(外国為替証拠金取引)

FXで資産運用をして負債を抱えていた場合、本人が亡くなった後に何も知らされていなかった家族が多額の負債を被ってしまうこともあります。

遺品整理マメ知識

  1. 教えて!雛人形の供養・処分方法 家族が亡くなってしまう…
  2. ぬいぐるみのお焚き上げ供養・処分方法 遺品処分で困るも…
  3. 遺品整理で出た不用品。どんなものが買取してもらえるの? …
  4. 孤独死発見から遺品整理までの流れ 近年ニュースで孤独死…
  5. 孤独死から葬式までの流れを解説 近年、孤独死が非常に問…
  6. 買取できる遺品の種類 家族がなくなって必ずやらなくてい…

Category