仏壇

仏を祀る壇全般のことで、寺院の仏堂において仏像を安置する壇(須弥壇)も含まれます。

また、一般家屋の中に常設された仏教の礼拝施設です。仏教寺院において本尊を祀る須弥壇(内陣)を小型化したもので、日本では寺院本堂の祭壇と区別して寺院の庫裡や客殿などに置ける小型の祭壇や、一般家庭の仏壇を「御内仏」という呼称もあります。

概要

家庭内の仏壇は、日本仏教では宗派ごとに指定された様式にて木製の箱=仏壇の内部に本尊や脇侍の像・掛軸・供物などや、先祖供養のための位牌や過去帳、法名軸などを祀ります。

内部は仏教各宗派の本山寺院の仏堂を模した豪華な作りになっており、大きく分類すると金仏壇、唐木仏壇、家具調仏壇に分けられます。

起源

仏壇の起源については「持仏堂→仏壇説」と「魂棚→仏壇説」の2説あります。

古代インドでは土を積み上げて壇を作り、そこを神聖な場所として神を祀っていました。
やがて風雨をしのぐために土壇の上に屋根が設けられたものが寺院の原型で、それを受け継ぎ仏壇の壇は土偏となっています。

白鳳14年(西暦685年)3月27日、天武天皇が「諸国の家毎に仏舎を作り、乃ち仏像及び経を置きて以て礼拝供養せよ」との詔を出した。それにちなみ全日本宗教用具協同組合では毎月27日を「仏壇の日」に制定しています。
ただし、この詔は現在の仏壇の直接の起源ではありません。

・持仏堂→仏壇説

貴族などの上流階級においては持仏堂を持つものもあり、藤原頼通の平等院鳳凰堂や足利義満の鹿苑寺などがあります。
また更級日記の作者である菅原孝標女が薬師仏を等身に造って屋敷内で祀ったというのも仏壇の源流です。
上記のような持仏堂が縮小・矮小化し屋内に取り込まれることによって仏間を経て仏壇に変化したとされています。

室町時代に浄土真宗中興の祖である本願寺八世・蓮如が布教の際に「南无阿弥陀仏」と書いた掛軸を信徒に授け、仏壇に祀ることを奨励しました。
仏壇を作る際に本山を真似たところから現在の金仏壇の元となっており、そのため浄土真宗では仏壇に対しての決まりごとが多くなっています。
なお、現在でも浄土真宗において仏壇の本尊は掛軸であり、菩提寺を通して本山から取り寄せたものとされています。

仏壇は仏教国であるタイなどでは見られません。
それは寺院が生活の身近にあるため家の中に改めて小さな寺を作る必要がなく、供養壇としての流れが加わっているためでもあります。
モンゴルではゲルの中にチベット仏教の仏壇を設けることがあります。

・魂棚→仏壇説

盆に先祖や新仏の霊を迎える祭壇のことを魂棚(盆棚・水棚)と呼ばれています。
形状は地域や時代によって様々ですが、四隅に竹や木で四本柱を建て板を渡したものや茶卓を使用する場合もあります。
この魂棚が盆のみの設置から常設化され仏壇になったとされています。

普及時期

江戸時代に幕府の宗教政策である寺請制度により、何れかの寺院を菩提寺と定めその檀家になることが義務付けられました。
その証として各戸ごとに仏壇を設けて朝夕礼拝し、先祖の命日には僧侶を招き供養するという習慣が確立しました。
社会が安定し庶民の暮らしが豊かになってきたことも背景に、庶民にまで浸透しました。
また日光東照宮などに見られるように元禄期の社寺建築技術の隆盛が各地に影響を与え、金仏壇産地の多くは、その頃に宮大工が興したと言われています。
鎌倉時代に禅宗と共に位牌が持ち込まれると次第に浄土真宗以外の各宗派で用いられるようになり、江戸時代には一般化しました。

位牌を置くために位牌壇を作ったり浄土真宗を真似て仏壇を使用するようにりましたが、その後、浄土真宗の仏壇と区別するために禅宗様が生まれました。そのために他宗では浄土真宗ほど仏壇に対して厳しくはありません。

形状

仏壇には扉が付いていますが、寺院の山門を見立てたものと言われています。

寺院の本堂において内陣との境には巻障子があることから、仏壇の扉の内側も障子が付いています。仏壇内部は基本的に三段になっており、中の一番高い中央の檀を「須弥壇」と呼び須弥山を象ったものとされています。須弥壇の上は「宮殿」と呼ばれ、本尊が祀られています。

各宗派の本山寺院の内陣を模して造られるため、宗派によりつくりが異なります。

左右には脇侍仏や祖師が祀られ、須弥壇を含めた最上段には「高欄」が付き、その下の段に位牌を置きます。位牌が複数ある場合は、向かって右・左・右と交互に並べます。

戦後、仏壇の左右両側面の上部に穴が開けられるようになりましたが、これは灯籠(灯篭)の配線用のコードを通すためのものです。

・宗派による違

唐木仏壇ではほとんど差異はありませんが、金仏壇では違いあります。

◇浄土真宗本願寺派(西本願寺)
一重破風屋根(宮殿)、金箔張りの柱(宮殿・外柱)、西本願寺の阿弥陀堂を模したもの

◇真宗大谷派(東本願寺)
二重瓦屋根(宮殿)、黒漆塗りの柱(宮殿・外柱)、高欄朱塗りで擬宝珠金箔張り、黒柱は東本願寺の阿弥陀堂、二重屋根は大師堂を模したもの

日蓮正宗(大石寺)や創価学会の仏壇は他宗派の仏壇と比べて構造が全く異なり、寺院の厨子に模した扉が内部に取り付けられ、最近では厨子型の仏壇も多く作られています。
厨子の扉は電動式で開閉するものが主流で、寺院同様、須弥壇の上に厨子を置くだけの場合もあります。

遺品整理マメ知識

  1. 教えて!雛人形の供養・処分方法 家族が亡くなってしまう…
  2. 孤独死発見から遺品整理までの流れ 近年ニュースで孤独死…
  3. 買取できる遺品の種類 家族がなくなって必ずやらなくてい…
  4. 遺品整理で出た不用品。どんなものが買取してもらえるの? …
  5. 孤独死から葬式までの流れを解説 近年、孤独死が非常に問…
  6. ぬいぐるみのお焚き上げ供養・処分方法 遺品処分で困るも…

Category